« Arsenal 4 - 1 Everton(メスト・エジル) | トップページ | FA Cup Semi-final: Arsenal 1 (4) - 1(2) Wigan(メスト・エジル) »

2014-03-22

Get Well Soon!(メスト・エジル)

エジル関連の過去ログは
こちらの親ブログ、Powder Blue Sky
をご覧になってください。


土曜日ランチタイムのチェルシーとの直接対決試合が迫ってきましたね。

Vs_chelsea
残念ながらエジルは怪我で出られませんが、頂上対決、楽しみです。
アーセナルの怪我してないメンバー達~頑張ってね~!!







インフルエンザでバッタリと倒れ、熱と咳で一週間仕事を休んでしまったため、その振替えで来週末まで働くはめに。正確には31日までギッシリと働くことになってまして、さらに一日、二日も新学期のトライアルレッスンがあるので、春休みがほぼつぶれてしまうみたい。

お墓参りも行かねば、庭の手入れもしなければ、とやること山積。ヘアカットにも行きたいし。。。

などとぼやきながらもフットボールをチラ見して過ごしてました。





その間の出来事と言えば:

★CLバイエルン戦は敵地で1-1と引き分けたものの合計点でCL敗退となり、その試合でハムストリングを怪我したエジルは6週間ほど試合には出られなくなってしまった。(ガ~~ンとショック・ウェイブ広がる)
なんでも試合開始後2分で痛みを感じたけど、そのままプレーし続けてしまったらしい。重い責任感からなのか、すぐに違和感を訴えずにいたようですね。



Vs_bayern





★プレミアリーグ、対スパーズ戦ではロシツキーのスバラシー!ゴールで得た一点を守って0-1勝利をもぎ取り、アーセナルはPL3位の位置を守ってる!


ロシツキーのスピードに乗った目の覚めるようなゴール、ブリリアント~~!でした。




スパーズ戦直後のチームメンバーのツイート。
みんなテンション高ーい!




Spurs1

Spurs2

Spurs3

Spurs4


Spurs5


Spurs6


Spurs7


Spurs8






エジル、フェイスブックではこんなコメント:

Ozil_spurs
『やったね、ガナーズ!今季ダービーマッチ、スパーズ戦は3勝目 - 
試合を観戦するのって、プレーするより辛く感じる時があるよ。』







これからチェルシー戦、マン・C戦が来るという山場で怪我欠場とは・・・痛いー。




====================================================



アンリやメルテ、フラミニ、それにマンディ達が、色々書かれているエジルのこと応援してくれてました。



アンリ

Henry said, “They don’t actually remember that the guy coming has to adjust to a new style of living, talking another language, different food, different town, a different team.

“What I would say is that people focus on, the main thing that I’ve seen in the game, that it did change, is money. When a player has a price tag he has to perform straight away.”

Wenger said earlier in the season that Ozil was perhaps trying too hard. Maybe that price tag has actually been holding him back a bit and stopping him from relaxing and just enjoying his football.

『彼は新しい生活、今までと違う言語、違う料理、違う街、違うチームに適応しなくちゃいけない、ということをみんな忘れていますよ。』
『私が言いたいのは、人々は彼にかかったお金、に注目しているんですね。選手に値段がついていると、彼はすぐに活躍しないとならない、そう見えるのです。』

ヴェンゲルもかつてシーズン始まった当初、エジルは飛ばし過ぎでいるようだと話したことがある。おそらく彼についた値段が彼をリラックスする気分やフットボールを楽しむ気分から遠ざけているのだろう。





フラミニ

He told reporters: “I'm very happy to have him in our team. He has outstanding quality and has brought so much to the club on and off the pitch.

“In the dressing room he is a very important player – every time on the pitch he gives so much.

“We will miss him a lot over the coming weeks but I think the manager will find a way to replace him, even though it won't be easy as he's such a talented player.”


『彼がチームにいてくれて嬉しいよ。エジルは傑出した能力の持ち主だし、ピッチの中でも外でも、クラブへもたらしてくれたものは非常に大きい。
更衣室でも彼は大切な選手だ - ピッチ上ではいつも重要な役割を果たしてくれている。
今後数週間、彼がプレー出来ないのは寂しいけれど、監督が彼に代わる方法を探してくれるだろう。彼みたいな才能の持ち主に代わる方法を探すのは容易じゃないけれどね。』

メルテザッカー

Ozil’s form over the second half of the season has dipped and the ‘BFG’ was keen to lend his close friend a message of support on social media site Instagram.

"Brother, this injury will make you come back stronger and agile - we love you very much - BFG"

『ブラザー、この怪我のおかげで、おまえはもっと強靭で機敏になって戻ってくるだろう - みんなおまえが大好きだ - BFG』





マンディーはインスタグラムで:

Mm_get_well_soon

『早くよくなってね。』


エジルー、デレーッとし過ぎィ^^

====================================================

またチェルシー戦を前にエジル自身も早い復帰を願うコメントを出してます。



Png_before_chelsea


『ガナーズになって今日で200日目。
最初の瞬間からアーセナルの家族の一員のように心地よく感じている。
一年目のシーズンで、少なくともひとつはタイトルを獲得したいな。
ピッチへ戻れる日を楽しみにしているよ。』









ひとつ、出来れば二つのシルバーウェアを獲得したいですね。
絶好調らしいレアルの成績を耳にしながら、そう願わずにはいられないです。

FAカップ準決勝は4月12日の対ウィガン戦。決勝戦はハルとシェフィールドの勝者と。

プレミアリーグではチェルシーとは4点差の三位。土曜日にはスタンフォード・ブリッジでの試合が待っています。

How the title race stands

  P W D L GF GA Diff Points
Chelsea 30 20 6 4 56 23 +33 66
Liverpool 29 19 5 5 76 35 +41 62
Arsenal 29 19 5 5 53 28 +25 62
Manchester City 27 19 3 5 71 27 +27 60

今後の予定は以下の通り:

Arsenal's run-in Saturday: Chelsea (a). March 25: Swansea (h). March 29: Manchester City (h). April 6: Everton (a). April 15: West Ham (h). April 19: Hull (a). April 28: Newcastle (h). May 3: West Brom (h). May 11: Norwich (a).




====================================================



Ozil_team_mates


ところで今日のゲームは、ヴェンゲル監督にとってアーセナルでの1,000試合目となる記念の試合だそうで。これは勝たないとね!



『アーセナルはエバートンに4-1で勝利し、バイエルンと1-1のドロー、トッテナムには1-0で勝って来た。良い状態を続けているから、この調子でチェルシーとの試合で新たなサプライズを起こせると自信を持とう。これは我々にとってシーズン最大のゲームだ。理由はシンプル。今はどんなポイントも重要になる時期で、しかも相手は直接のライバルだ。今の我々にとって今季最も重要な意味を持つゲームだ。』

とは公式サイトに載ったヴェンゲル監督の言葉。
大切な試合、(怪我人多いですが)ぜひ勝ってほしいです!






====================================================




その相手チェルシーの監督モウリーニョの話題をひとつ:

Esquire誌に、モウリーニョが今の時代のサッカー選手たちの世界を語っている記事が載ったそうです。これはユーロスポーツの要約版。さらにその一部をテキトー訳で:



モウさん、若い世代の選手達理解に励んでいる様子です。
レアルの面々が試合開始前、鏡の前に行列作ってヘアースタイルを整えている姿を想像して頬が緩みました^^

Mourinho: Players would be queueing in front of the mirror before a game

 

Mourinho as Real Madrid coach last season, and on the latest Esquire cover

ごま塩というより白髪に近くなってきたモウリーニョ。若いヒップスター風選手達やファン達からかなり世代間ギャップを感じるけれど、監督としてそうした風潮を受け入れ適応しなければならない、と感じている。

“Lots of times at Real Madrid, the players would be queuing in front of the mirror before the game while the referee waited for them in the tunnel,” he told the magazine.

『レアル・マドリーで何度も目にしましたが、レフェリーがトンネルで選手らを待っている間、彼らは鏡の前に列を作って並んでいるんですね。』
彼はエスクワイアー誌に語った。

“But that’s how society is now. Young people care a lot about this: they are twenty-something and I am 51 and if I want to work with kids I have to understand their world.
“How can I stop my players on the bus doing, er, what do you call?… Twitters and these things? How can I stop them if my daughter and my son do the same?
“So, I have to adapt to the moment.”

『今の社会がそうなのでしょう。若者たちはそういうことにとても気を使います:彼ら20歳少し過ぎた辺り、私は51ですよ。子供と一緒に働くなら、彼らの世界を理解しないといけない。』

Mourinho went on to acknowledge the key role the ever-growing financial aspect within the sport has on upstart players.
“I’m a manager since 2000, so I’m in my second generation of players,” Mourinho said.
“What I feel is that before, players were trying to make money during their career, be rich at the end of their career.
“But in this moment, the people who surround them try to make them rich before they start their career,” he added with a spot of laughter.

『私は2000年から監督をやっていますから、彼らの親世代です。』
『以前、私達の世代では、選手達はキャリアを積んでいく過程で豊かな暮らしと財産を手に入れようとしていました。キャリアの終わりには裕福になろう、と考えていたのです。』
『ところが現在は、選手達を取り囲む周囲が、彼らが選手生活をスタートさせる前から、彼らを金持ちにしてやろうと努力しているのですね。』

“They try to make them rich when they sign their first contract, when they didn’t play one single match in the Premier League, when they don’t know what it is to play in the Champions League.
“This puts the clubs in difficult conditions sometimes.”

『最初の契約を結ぶ時から周囲が彼らを金の成る木にしようと努力するんです。彼らプレミアリーグで一試合もプレーする前から、ですよ。チャンピオンズ・リーグでプレーするってどんなことなのか、も知らないうちからですよ。
このせいで、クラブは難しい状況に陥ることがよくあるのです。』

“You have to find the right boy: the boy who wants to succeed, has pride and passion for the game,” he explained.

『選手を見る目が必要です。フットボールで成功することを願い、試合に誇りと情熱を持てる、そういう少年を見つけ出すことです。』

“His dream is not one more million or one less million, his dream is to play at the highest level, to win titles, because if you do these things you’ll be rich the same at the end of your career.

『少年の夢というのは、契約金が百万以上なのかそれ以下なのか、などということじゃないでしょう。レベルの高いフットボールをすること、タイトルを獲得すること、それが夢でしょう。それが叶えられたら、キャリアを終えるころには裕福な暮らしが待っていますよ。』

“So we are working hard to give the best orientation to young players, to follow examples of guys from the past – the Lampards, the Terrys – who were always fanatical for victories.”

『だから私達は若い選手に向けてベストの指導を一生懸命にしているんです。ベテランの選手達を見習うように - ランパードやテリーたちを - 彼らはいつでも熱狂的に勝利を追求していますからね。』


フットボールに向き合う姿勢とか倫理観といったことから接していかなければならない、監督って色々と気苦労多いんだろうな、とお察しします^^
モウリーニョ監督好きだけど、今日はアーセナルに勝たせてほしいな^^






Png_ozil
はやくこの3人揃ってほしい。。。






そうこうしているうちに、チェルシー戦始まりました。観てきまーす!

« Arsenal 4 - 1 Everton(メスト・エジル) | トップページ | FA Cup Semi-final: Arsenal 1 (4) - 1(2) Wigan(メスト・エジル) »

Mesut Ozil - columns & articles」カテゴリの記事

コメント

負けてしまいましたね。大敗です。2点目取られて寝てしまいましたbearing

エジルが出ていないこともあるし、今シーズン3回目の大敗ということもあり、自分自身でも驚くほど冷静に結果を受け止めました。

アーセナルは監督(首脳陣?)が本気で優勝を目指しているのでしょうか。CLの出場権とCLのGL突破を達成できればそれで十分という気ばかりします。長期政権と同様の結果に満足し「ぬるま湯」にどっぷり浸かり、オーナーやファンからの圧力で毎試合勝利と試合内容を求められる他のメガクラブとは差が開くばかりです。(昔、歌で「勝利の為すべてを賭けてみろ!!勝利の為すべてを捨ててみろ!!」とありましたが、ヴェンゲルは決してそんなことは出来ないでしょう・・・)

エジルがヴェンゲルの元に来たときは、「これでエジルの才能をもっと開花させてくれる」と思っていましたが、今となっては大した戦術指導もせず、体力を酷使した挙句シーズン終盤の大切な時に長期怪我離脱させられ、エジルの評価は下がり続けています。ワールドカップの成績次第では代表の地位も危ういでしょう。

私はエジルのエレガントでインスピレーションに溢れた美しいサッカーが見たいです。でも今のアーセナルではそんなエジルは見ることは今後出来ないだろうな、と悲しく思った週末でした。

あやかさん、こんばんは。
2点で寝てしまいましたか?私は逆で、見始めた時すでに2-0で、アララでした^^
辛抱強く観てましたよ。
不思議なレッドカードだなぁとか、これがアザールで、あれが(ベルばらの)オスカルかぁとか思いながら^^。シュールレはしっかり存在感示してて立派だわ、とかバラックがいた頃のチェルシーメンバーはテリーとミケルくらいかぁ、とか。なんだかチェルシー観察試合となってました^^。モウリーニョは勝ち試合は最後まで見届けないでトンネル内に姿を消してしまうことがよくある、と言われてましたが、今回は1000試合目のヴェンゲルさんを気遣っているのかも、との実況解説になるほどー!と納得したり、でした。

アーセナルはロシツキーもカソルラも頑張っていましたけどね。。。シュチェスニーは大丈夫でしょうか。解説者が不安定な点を指摘していましたが。
次節はマンC戦。ラムジー復帰してくるかな。巻き返しに期待してます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2008426/55460617

この記事へのトラックバック一覧です: Get Well Soon!(メスト・エジル):

« Arsenal 4 - 1 Everton(メスト・エジル) | トップページ | FA Cup Semi-final: Arsenal 1 (4) - 1(2) Wigan(メスト・エジル) »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ